管理業務と運営業務を受託いたします産業は、労働集約型産業でありますことから業務の品質は施工いたします担当者個人の資質により大きな格差が生じるのが現状であります。このような品質の格差を解消するために、教育訓練を施す企業努力を重ねておりますが、個人レベルを一定化することには限界があるのが実態であります。
 このような実態のため、お客様から受託いたしました現場に配置する人員によりまして品質に格差が生じクレームの発生原因となっているのが現状であります。
 JBCサービスでは、このような実態を改善し、安定した品質を維持するために、基本方針を定め全社を挙げて邁進努力しております。

  1. 施工品質の安定と品質管理徹底のために管理業務と運営業務のシステム化を推進。
  2. 国際品質管理規格・ISO−9001と国際環境管理規格・ISO−14001などの国際標準化機構の管理システムに適合する管理を推進。
  3. 業務管理と運営管理徹底のための独自システムの開発を推進。
  4. 独自の教育管理システムによる受託業務品質の向上を促進。
  5. 各システムの連携運用による受託業務品質の向上を促進。



国際品質保証規格ISO9001品質管理システム(認証番号JQA-QM3627)、測定管理システム(検査機器対応)、業務管理システム(CPU対応)などを駆使し、品質管理を徹底しております。


国際環境管理規格ISO14001システム(認証番号JQA-EM1058)への適合と国際環境・生活環境に適応したビルメンテナンスサービスを提供いたしております。


清掃管理、設備管理、環境衛生管理などのビルメンテナンス業務を独自開発のコンピュータ・システムをメインとした業務システムを活用し、サービスの安定化を積極的に推進いたしております。


作業品質は人の資質によって大きな影響を受けることから、より良いサービスの提供のために、社員の教育訓練を徹底しております。
社訓:職務と責任を自覚し
    何事にも敏速に対応し
     極めて誠実に実行する



ビルメンテナンスサービスのニーズは年々変化し内容の充実が求められてきています。このニーズに対応できる技術・管理システムの研究開発を積極的に推進しております。